menu

モルモット飼育法‐初心者

産まれた赤ちゃんの姿

モルモットの赤ちゃんは産まれてすぐに目も開いていて、毛も生えています。姿は大人のモルモットと同じです。ただサイズが小さいモルモットのような姿になっています。また、既に歯も生えていますが、まだ固いエサは食べられず、基本的にお母さんモルの母乳でしばらく生活をします。

授乳期間は2~4週間の平均3週間ほどです。その間に柔らかいエサや、ふやかしたペレットなら食べることもあります。最初は柔らかいエサで慣れさせ、離乳するようになったら徐々に固いエサにシフトして行きましょう。そうして2ヶ月頃には成熟期を迎え大人モルモットと同じエサのペレットや牧草も食べることが出来ます。

人間と同じように母親の母乳には免疫などの抗体があり、赤ちゃんが授乳することで抗体が体に取り込まれ、病気しにくい体になります。出来るだけ赤ちゃんモルモットには、母親の母乳で育てるようにしましょう。

モルモットは成長が早く約2ヶ月で成熟します。この頃には繁殖能力も付き交尾が可能となります。赤ちゃんが産まれて、2ヶ月が経たないうちにオスとメスを分けて飼うようにした方がよいでしょう。2ヶ月では体的にまだ小さいモルモットもいますが、生殖能力が備わるのを忘れないように飼育しましょう。


モルモットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
モルモットに適している飲み水はコレだけ!
モルモットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top