menu

モルモット飼育法‐初心者

秋になるとモルモットも冬に備えて食欲が旺盛になります。いろいろな野菜もモルモットには好物なので、たっぷり与えてあげたいものです。

秋は前線の影響でカラッと晴れた日もあれば、秋雨前線のように曇りで湿度の高い日が続いたりするものです。雨と晴れを繰り返しながら急に冷え込んで霜などが降りたりすることもありますので、温度と湿度管理は注意してください。

モルモットも季節の変わり目は体調を崩しやすいので、特に早朝の冷え込みと日中の高温に注意してあげましょう。

また、モルモットやケージ周辺のエサなどの臭いで害虫も急激に発生したりします。害虫も冬ごもりのためにケージ周辺や床材などに集まってくることもありますので、こまめに点検して衛生管理に努めましょう。

モルモットの秋は、寒さへの準備の季節でもあります。冷え込んで鼻水などが出ないよう、早めに暖房の準備をしたいものです。

日中は高温になることは少なくなり、日光浴も安全におこなうことができるようになりますので、モルモットにとっては過ごしやすい季節になってきますが、朝晩は徐々に気温が下がり始めるので、冬支度で使用する保温・温度管理の準備が必要になります。

寒さの厳しい地方ではモルモットや小動物用の市販のヒーターや暖房などを準備しましょう。特に朝晩など気温の変化に対応できるようなサーモスタット付きのヒータはケージ内の温度を一定に保つことができるので便利です。

秋はモルモットの換毛の季節でもあります。夏毛が抜けて冬毛に生え変わるため、抜け毛などでケージや水場が汚れる場合があります。空気も乾燥してくる日がありますので、抜毛が飛散して人間の生活環境にも良くありません。

そこで秋の季節は頻繁にモルモットのブラッシングをおこなって、抜毛が飛ぶのを防止したいものです。ブラッシングにより冬毛の換毛が促進され、皮膚の新陳代謝も盛んになります。

食欲も活発になりモルモットも生き生きとしてきますので、たっぷり食べさせて、煩わしい抜け毛をクリーニングしてあげて、たっぷり寝させてあげましょう。

ケージの風通しはなるべく良い方がいいのですが、隙間風が入るような環境は好ましくありません。自然にゆっくりと空気が循環するような縁側や窓際などがモルモット達も日向ぼっこができて快適でしょう。

高い建物のベランダなどでは、風向がかわっただけでかなり強い風があたる場合もありますので、夏の環境とは一味違った置き場所にも留意したいものです。

特にモルモットはこの秋の時期に体調を落としますと、冬が乗り切れないといったこともあるようです。生まれて間もない個体や老齢な個体では、特に健康面で注意してあげてください。


モルモットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
モルモットに適している飲み水はコレだけ!
モルモットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top