menu

モルモット飼育法‐初心者

TAG交尾

繁殖する前に考えよう!

繁殖する前に考えよう!

「自分の飼っているモルモットの赤ちゃんが産まれたら可愛いんだろうなぁ。」とモルモットの飼い主なら思う事でしょう。その通りで赤ちゃんモルモットはとても可愛いのです。モルモットはオスとメスを一緒にすることで交尾をし妊娠出産となっていく事でしょう…

雌モルモット初産の適齢期

雌モルモット初産の適齢期

モルモットの初めての出産時期として一般的に、4ヶ月~6ヶ月の間が良いとされています。この時期に初産を体験していないメスはその後に妊娠し出産となると、難産になる可能性が高いと言われています。 (さらに…)…

モルモットの発情期

モルモットの発情期

モルモットを繁殖させるためにはある程度発情時期に合わせて、オスとメスを交配させる必要があります。相性の良いオスとメスなら一緒に生活させれば自然と交尾が行われ、妊娠し赤ちゃんを産みますが、あまり相性が良くないといつもケンカしてしまい妊娠もしな…

妊娠中は安静に

妊娠中は安静に

モルモットが無事交尾を終えると、ケージ内に白い小さなかたまりがあれば交尾が成功したと言えます。このかたまりは「膣栓」とよばるもので、オスのモルモットの分泌物で交尾後にメスの膣に栓をする凝固物です。 (さらに…)…

子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)

子宮内膜症の症状 子宮内膜症は、モルモットの子宮内膜の炎症です。モルモットの雌の生殖器は、妊娠中もしくは発情期以外は保護膜が形成されて、保護されている状態になっていますが、モルモットの雌は発情周期15~17日、妊娠期間59~72日に入ります…

生殖器疾患について

モルモットの生殖器疾患は、他の膀胱炎や結石と似た症状のために、発見に時間がかかる場合が多いようです。 血尿のような出血があったり、食欲不振、悪臭尿などもあって飼い主が専門医を訪れる場合が多いのですが、エコー等で検査しても、原因が特定できず…

Top