menu

モルモット飼育法‐初心者

TAG獣医

爪切りは慎重に!

爪切りは慎重に!

モルモットも人間と同じように爪が一生伸び続けます。自然界ならば外で走ったりしているうちに削れて丁度良い長さを保つのですが、人間が飼育している環境下ではなかなかうまく削れず伸びすぎてしまう事もあります。 (さらに…)…

モルモットの死

モルモットとのお別れ モルモットに限らずペットとして飼われている動物は、いつか必ず別れがやってきます。モルモットの元気が急に悪くなったので、獣医さんに相談したところ、もはや手遅れです、治療効果も期待できませんので、どうしますかと言われ…

角膜炎(かくまくえん)

角膜炎の症状 モルモットの眼疾の中でも主に感染症が原因の目の病気として角膜炎があげられます。 (さらに…)…

白内障(はくないしょう)

白内障の症状 モルモットの眼疾患で白内障があります。 症例では、7歳を過ぎた老齢期のモルモットの右目が白く濁ってきたという症状から、飼い主は獣医に連れていきました。瞳孔は光に反応しているので、光は失っていないようでしたが、老年性の白内障…

結膜炎(けつまくえん)

モルモットの目の疾患でよく見られるのが結膜炎です。 モルモットの顔をみてみると、よくわかるのですが、モルモットはかわいい頭にちょこんと目がついています。目の周りには毛もあるせいか、目は少し飛び出ているのですね。 (さらに&hell…

関節炎(かんせつえん)

関節炎の原因と症状 モルモットの関節炎は怪我や感染症による外部疾患が原因となる場合と栄養状態からくる内部疾患があるようです。 モルモットの関節炎の多くは手足などの腫れなどで確認できます。 (さらに…)…

骨折(こっせつ)

モルモットの骨折は意外に多いものです。 本来自然で生きる動物なので活発に食べて動き回って骨の発育は丈夫になるものですが、特に飼育下では運動不足やエサのバランスが悪くなり骨の発達が不十分なまま、成長してしまう個体もいます。 (さらに&he…

全身感染症について

モルモットの全身感染症は真菌性(カビ)の皮膚病疾患と体内感染症があります。また、感染や炎症によっておこる敗血症なども化膿菌が全身組織を侵すために広義の意味で全身感染症と考えることができます。 (さらに…)…

難産(なんざん)

モルモットの難産とは? モルモットは難産が多いとされています。しかし多くの家畜やペットでは、難産はやはり自然に比べて多く観察されており、これは遺伝的な要素や胎児の過大発育などが原因と考えられています。 (さらに…)…

頸部リンパ節炎(けいぶりんぱせつえん)

主な症状 頸部リンパ節炎はモルモットに特徴的な病気です。名前のようにモルモットの顎の下や頸のリンパ節が大きく腫れてくるので診断できるのですが、この病気の特徴として、他の体表リンパ節には異常が認められないことから特定できます。触診で簡単に頸部…

さらに記事を表示する
Top